クイーンズランド州でオーストラリアワインって作られるの?

ワイン

クイーンズランド州というと、なんといってもゴールドコーストが有名ですよね。

オーストラリアに旅行に行かれた方は、ほぼ間違いなく行っているのではないでしょうか。

そしてビーチでのんびり。

そんなクイーンズランド州ですが、ワインの生産はされているのでしょうか?

クイーンズランド州でもワインの生産は行われている!

オーストラリアのワイン産地というと、南部の4州

  • 南オーストラリア州
  • ニュー・サウス・ウェールズ州
  • 西オーストラリア州
  • ビクトリア州

が有名です。

さて、クイーンズランド州ではどうなんでしょう?

まずはクイーンズランド州がどんなところか見てみましょう。

良いところですね~。

古い建物と近代的な建物が見事に調和しています。

観光スポットとして人気なのもわかりますね。

 

さて、では、ワインは?

このように生産され、そして飲まれています(笑)。

クイーンズランド州は、樹齢100年を超えるぶどうの木も多く、また、昔ながらのオーク樽を使用して生産されていることが多いです。

オーストラリアというと、近代的なステンレス樽や、スクリューキャップなどをイメージしがちなのですが、クイーンズランド州は、昔ながらの製法にこだわっているということですね。

日本で手に入るの?

クイーンズランド州のワインは希少なようで、なかなか日本ではお目にかかれません。

京橋ワインさんが通販を行っていますので、ご紹介します。

2015年5月28日現在では在庫がありません(涙)。

また輸入されると思いますので、お時間のあるときにでもチェックして頂ければと思います。

コメントは受け付けていません。