オーストラリア産の赤スパークリングワインの特徴って?

ワインセラー

オーストラリアで生産されている赤スパークリングがほしいのでしたら、「シラーズ」と名前がついているものを選ぶと良いです。

シラーズは、ほぼオーストラリアでしか使用されていないぶどうの名前ですので、これを選べば、ほぼオーストラリア産であるといっても良いでしょう。

また、「シラーズ」はとてもオーストラリアワインらしい味ですので、もっともオーストラリアらしいワインを飲むことができるともいえます。

シラーズの詳細は、以下の記事も参照してみてください。

[icon image=”finger1-bk”]赤スパークリングワインに使われるシラーズって?

オーストラリアの赤スパークリングってどんな味なの?

シラーズで作られた赤スパは、

  • 男性的で
  • 生命感あふれる
  • 香りも味も濃い
  • それをふわっと綺麗な紫の炭酸で包み込む

そんなワインであることが多いです。

とにかくフレッシュ~力強い~そんな印象を持つワインが多いですね。

見た目は、赤ワインに綺麗な紫色の泡なので女性っぽいのですが、飲んでみると、武骨なまでに男っぽい!

そんなわけで、オーストラリアの赤スパを「おねぇっぽい」と表現したソムリエさんがいるとかいないとか。

オーストラリアの赤スパの有名どころは?

赤スパに限らず、オーストラリアの安価なスパークリングワインの定番は、

  • イエローグレン

ですね。

シラーズらしさを残しつつも、やや優しい口当たりなのが特徴です。

オーストラリアのスパークリングを飲むなら、まず試してほしいワインですね。

 

[icon image=”finger1-bk”]TOPページへ

コメントは受け付けていません。